前へ
次へ

医療で解明できない長寿を楽しむ

自然療法の研究や、独自の食事療法、運動療法の指導を行う医療従事者の姿が注目されていることをご存知でしょうか。
医療機関からの発表によれば、日本人の寿命は飛躍的に延び、100歳以上の高齢者の数は6万人を超え、長寿を楽しむための医療へと舵きりが進められています。
寿命との因果関係を発表する医学博士もおり、健全者と比べて、喫煙者や肥満体で6年、睡眠不足の生活習慣で4年も寿命が縮むことを指摘しています。
様々なリスクを遠ざけ、寝たきりにならないために、医療の手を活用するのです。
全て頼れるものではなく、それこそ若返りの薬があるワケでもありません。
老化を遅らせるには、長寿の祝いとなる初老からスイッチを入れる必要があります。
仕事量も増え、足腰を使い営業を担うなどの筋肉運動をし、若返りを期待できるポリフェノールを含むワインを適度に嗜むなど、生活習慣の見直しを図り、ストレスのない生活を送ることも健康長寿に欠かせません。

Page Top